食パンになってみた


I am Bread…。そう、このタイトルに全くの偽りは無い。このゲームではあなたは食パンになれるのだ。


I am Bread - Gameplay Video - YouTube
ゲームのPVを見てみると、自由自在に動きまわる食パンの姿がある。嗚呼、なんて楽しそうな馬鹿ゲーなんだろう、よし私も食パンになるんだ、食パンになって自由に暴れまくるんだ。

f:id:yashihei:20141205132145j:plain
食パン生活が始まる…

そうしてプレイしてみたのは良いが早速挫けそうになる。そうなのだ、食パンになるということは簡単では無い。食パンの操作の難しさは実際にプレイしてみないと分からないが、PVから見ても分かるようにゲームパッドでプレイする場合、4つのボタンで足場を固定してからアナログスティックで動く向きを伝えるという非常に直感的では無い操作性となっている。次第に食パンとのシンクロ率が上がって操作に慣れれば楽しくなってくるのだが、それまでは自分の思い通りに動かない食パンにイライラしてしまうかもしれない。しかしそれも食パンになるための試練なのだ。

f:id:yashihei:20141205131735j:plain
うっかり床に落ちてしまった、もう助かりそうはない

私達は食パンなのだ、そう食パンであるからには、食品であるという自覚を持たなければならない。不用意に汚いもの、例えば床や食べ残しなどに触れると食品としての価値が下がってしまう。そもそも床でなくても壁とか机の上とか、つまりは皿の上以外の場所ならば十分汚いだろう…と思ってしまうのだが、そこはセーフらしい。

f:id:yashihei:20141205133024j:plain
焼ければ手段は何でもいいのさ!

食パンであるということは、美味しく食べてもらうため焼かれなくてはならない。最初のステージにはトースターがあるのだが、次のステージにはそれらしきものが無い。どうしたものかと小一時間程部屋の中を何度も食品としての死を迎えながら彷徨っていたのだが、ふとストーブらしきものに目が行った。食パンだからと言ってトースターに固執してはならない、どんな手段を使ってでも自らを焼いては食パンという食べ物として完成された状態にならなければならないのだ。

というわけで10$で食パンになれるI am Bread、現在アーリーアクセスですがSteamにて販売されてます。今後の食パンの進化に期待ですね。

久しぶりにRefRainをプレイして

一年程前にRefRainを買ったもののいまいち面白さが掴めずにノーマルクリアさえ出来ずにいた。そもそもシステムをよく把握しないまま、ティに釣られては、ボス削れねえええとかなっていた。ティは初心者が扱うにはかなり癖が強いキャラであって、システムを把握しないまま普通にプレイしたら、ボス戦時にロックショットは短距離で届かないし、M.E.F.A2の攻撃はロックされてないと当たらないわで悲惨なことになる。

ティの扱い方の説明は上の動画が分かりやすかったけど、とりあえずティは諦めて扱いやすいミリアさんで。

f:id:yashihei:20141107091324j:plain
ティちゃんkawaii

基本的にRefRainでは弾を避けるだけでは駄目で、M.E.F.A2を活用したパターン構成がとても重要になってくる。ミリアのM.E.F.A2の攻撃は分かりやすくパターン構成を考えやすい。1段階目の攻撃は多少固い雑魚を速攻するために。2段階目は広範囲の雑魚を一掃、切り返しの時とかに。3段階目の攻撃からは相手がノックバック状態になるため、ボス戦時には3段階目or4段階目のM.E.F.A2攻撃→ノックバック→M.E.F.A2ゲージ回復→M.E.F.A2攻撃の繰り返しになる。

f:id:yashihei:20141107101619j:plain
ボスには強力な一撃を

そのことを頭に多少は置きながらプレイしたら、なんとかノーマルノーコンクリアは出来た。トゥルーエンドはもうちょっと頑張らないと見れなさそうな感じ。道中でスコアを稼いで一杯エクステンドしないとね!

あ、あとシステムだけではなくて、何と言ってもRefRainの最大の見どころはスタイリッシュな弾幕!特に自機狙いの予告線が出てはその後切り刻むように迫ってくるレーザーが格好良い!他には時間停止しては攻撃がドサーって来る演出とか。

f:id:yashihei:20141107094423j:plain
こんなにテンポの良いスピード感のある弾幕って他にあるのかなってぐらいに避けてて気持ちが良い弾幕なのだ。こればかりは実際にゲームを触らないと分からないので新しい弾幕体験に浸りたい人は今すぐ同人ショップでRefRainを買おう。

憂鬱な日に弾幕をひたすら避けてた

今日は朝から気だるさしか感じないひたすらただ憂鬱な日だったのだが、先日買った弾幕アマノジャクで遊んでいた。東方の第14.3作目。

頭痛に悩まされながらもそれよりも久しぶりの弾幕の楽しさが勝って一気に全シーンをクリアした。

弾幕アマノジャクの面白さは何と言っても通常では回避不能な弾幕をアイテムを使って切り抜けるそのパズル性だ。アイテムには様々な種類がある。一定時間、弾が当たらなくなるものや、周囲の弾を消すものや、タゲを任意の場所に逸らすものなど。弾幕毎に正解のアイテムが存在しており、そのアイテムを使うことで弾幕の難易度は一気に下る。逆に全く見当違いのアイテムを使っているといつまで経ってもクリア出来ない。ただ必ずしも正解のアイテムを使わずとも、気合避けで案外どうにかなったり、ハンマーで殴ったらあっさりと倒せる場合もある。天邪鬼な倒し方でもクリアすれば問題は無い。何だか適当なことを書いたがとりあえずアイテムを駆使して各シーンをクリアしていくのが楽しい。

こんな憂鬱な日を少しでも楽しくしてくれた、幻想を作ってくれた神主に感謝。

f:id:yashihei:20141013032757j:plain
ジト目の針妙丸ちゃんkawaii


ええ、全くその通りです :)

満月

小学生の頃、天体観測が趣味なときがあって、確か口径が7cmぐらいの望遠鏡を買っては、夜空を観察してた。

口径7cmの望遠鏡では、銀河とか星雲とかはとても見られなかった気がするから、オリオン星雲ぐらいは見れたっけ、惑星とか月とかが主で。

眩しかった、満月の月を望遠鏡で見たとき。最初のうちはピントが合ってなかったりしたけど、ピントを合わせたら一つ一つのクレーターがくっきりと見え、黄金色の満月が目の前に会った。本当に明るくて、綺麗だった。

今日は満月がきれいな日だったので、久しぶりに一眼を取り出しては、満月を撮った。

f:id:yashihei:20140910015615j:plain

フリゲとかインディーズゲームの情報を扱っているサイトのまとめ的な

フリゲとかインディーズなゲームって自分からアンテナを張ってないと全然情報が入ってこないです。なのでそれらの情報を扱っているサイトを、一度まとめておこうと。自分の観測範囲は滅茶苦茶狭いので、大したまとめにはならないですが…。

続きを読む

今年遊んだフリゲ

Steamとかの影響で例年ほどフリゲが遊べてないのが心残りだけど、せめて今年遊んだフリゲについて書き残しておこうと。すべて書くのは無理なので心に残ったものを。

続きを読む